自然の生命力と
豊かなテクスチャーを共存、
素肌へ届ける。

実現の決め手は、月桃が野生であること、
温度と手間、配合成分。

熱をかけず植物の息づかいを漬け込む。
滑らかさと生命力を失わせない為、
丁寧にひたすら練り上げる。
酵素活性の温度で少しずつ蒸留。

そして、生きたエネルギーを瓶に詰め込む。

製品を作り上げるために、
防腐や使い心地を調整する為の成分は
一切配合されていません。

素材の良さ、それを混ぜ合わせてゆく
卓越した職人の技術と経験により、
MOON PEAH製品の豊かなテクスチャーを
実現しています。

熱に弱いデリケートな成分も生かされた
パワー溢れる月桃の力を
素肌で感じてみてください。

丹念に丁寧に、生命力を最大限生かすこだわりの製法

【Lotion】(化粧水)
——————————

減圧蒸留法
36-40℃の熱と圧をかけ、気化させてゆっくり還元します。酵素が活性化する温度なので植物が息づいています。
アロマセラピー製品の蒸留は、水の沸点である100℃です。この温度差のため、作られるローションの量はものすごく少ない貴重なものとなります。

【Oil 】(美容オイル)
——————————–

冷浸法 
生の月桃をオイルに漬け込み、熱を一切かけず月桃の意思がおもむくままの時間をかけてゆっくりとエキスを抽出する方法。季節によって変化する温度や湿度により、漬け込み時間も変えていきます。

分子蒸留法
ホホバ油の中のワックスエステル成分だけをより分ける方法。
真空状態で行い、高温をかけません。
ホホバ油の成分とエネルギーを生かすこと目的としてこの方法を用います。そうすることで、ワックスエステルほぼ100%の純粋なホホバ油が出来上がります。
このホホバ油にしか月桃は成分を出してくれなかったのです。

【Balm】(美容クリーム)
————————————-

低温で混ぜ合わせ法
日本産蜜の巣を溶かし、蜜蝋を作ります。サーキュレイトオイルを丁寧に少しづつ加え低温で混ぜ合わせていきます。
まるで飴を練る様にオイルを加えながらクリーム状にしていきます。木桶の中に素材を入れて、ひたすら手作業で行っていきます
*タマスアビバームにはタマスアビオイル。サーキュレイトプレシャスバームにはサーキュレイトオイル。エナジーバームにはホホバ油がそれぞれ混ざっています。

MOON PEACH 製品基準

○ 月桃の生命力を纏いたい

沖縄の「野生(ワイルドクラフト)」の月桃を使用しエネルギーが生きたまま素肌に届くよう手間をかけ、伝統的な製法を貫き製造しています。

○ 野生もしくはオーガニック植物や原料を使わせて頂いています

地球の恵みそのものを活かした状態で肌に届けたい。土壌に浸透させ人間が考えるいわゆる効率を求めたエネルギーがかかっていない植物。生まれたその土地で叡智を使って成長した植物。

○ 豊かな触り心地が女性の五感に美しく響きます

野生植物をはじめとする原料を使用しながらもテクスチャーはさらっと心地よく馴染む。ラグジュアリーな質感にこだわっています。あなたの肌になじむ好みに合いますように。

○ 日本人には日本植物

私たちが生まれ育った土地に在る植物は私たちが生きる上で必要な植物が揃っていると云われています。伝統や地域に伝わる大切な文化や叡智と共に植物の恵みをお届け致します。

○ 合成香料・着色料・遺伝子組み換え・ゲノム編集された原料を使用しません

なるべく野生、オーガニック栽培された天然の成分を使用するためそういった原料は使用する必要がありません。

○ 防腐剤、界面活性剤は不使用

食べ物を作るように製造しているため、防腐剤は使用しません。界面活性剤が必要な製品は肌のバリア機能を弱める可能性が極めて高いと判断しているため作りません。生命力を肌に届けるのに妨げになると考えています。

○ 動物実験をしません

動物達は人間の実験の為に生まれたわけではないし、意味がないと考えるのでしません。

○ 有機認証マークにこだわらない

私たちは、独自の大切な基準は何かを根本から考え直し、植物が育つ土や原料の状態、製品をつくる為の伝統的製法にこだわってきました。現段階では、特に認証マークを取得したいとは考えていません。 

MOON PEACH の取り組み

MOON PEACHスキンケア製品は、土に還る北海道の蝦夷松が材料の『木箱』に入れお届けしています。

元々、古来の御神事に献上する‘紙’として開発された技術。
現代では経木折箱としての技術は受け継がれ、蝦夷松の抗菌作用の高さから主に食品を保管する箱として利用され現代に活きています。

日本の国土は約7割が森林ですが、木材供給率は30%と云われています。

美味しい生きた水は、健康な土壌や森林の存在が不可欠です。
林業を営んでいる人々の生活があってこそ、山々のお手入れができるのです。
私たちのあたり前に送れる生活は、どんな働き手によって根幹が支えられているのか。
環境の課題やモノの価値を一つづつ見直していきたいのです

MOON PEACHを飾るラベルは『月桃紙』。
化学物質過敏症などで悩んでいる方の家に採用されるなど、
肌に優しいエコな壁紙としても多く利用されています。
月桃ノ葉を落とした後に大量に残る月桃ノ茎で作られます。

古来から植物を利用して生活してきた我々は、
植物の叡智を見直し、心地よさを味わい、
地球の物理的な仕組みに意識を向けて大いなる循環に思いを馳せながら、
無理なく健やかにいきていきたいと願います。

MOON PEACHの取組みが、私達の生活が自然の営みの行為の一部であることに
気づけるキッカケになれれば幸いにございます。