ぬちぐすい、ちむぐすい、
月桃

食べるもの、纏うもの、聴くもの、香るもの。

これらはすべてが命の糧に、
やがて心の肥やしになるもの。

沖縄の和漢ハーブ「月桃」の持つ生命力を最大限に生かすため、
防腐剤・合成香料・着色料・界面活性剤等を一切使用せず、職人の手によりひとつひとつ丁寧に作られた、
触り心地や響きが女性の五感に美しく作用するスキンケア製品です。

月桃には、「排出・再生」という相反するエネルギーがバランスよく巡り続けると考えられています。

その巡りのエネルギーを肌に纏い、臓器としての肌の大切な役割である皮脂と常在菌を落とさない。

そして、肌に表れる症状を身体からのメッセージと捉え、
観察し、自分にやさしく触れること。

わたしたちが持っている、
“全てを生かす”ケアで肌細胞を目覚めさせ、
自由でのびのびとした生命力の輝きを引き出します。